恵比寿美容室 > シンプルアイディア式らくらくスタイリング

シンプルアイディア式らくらくスタイリング

毎日使うシャンプーだから。あなたにぴったりの1本があります!

「あなたにとって1位のシャンプーを選ぶ!」

今、お使いのシャンプーはどうでしょう。

・モコモコの泡が立っていますか?

・泡は頭皮まで届いていますか?

・香りが強すぎませんか?

・手にしみませんか?

・背中ににきびが出来やすくなっていませんか?

・スーパーリッチ!みたいな言葉に惑わされていませんか?

などなど...

挙げればキリがないほどシャンプーは頭皮という大切なお肌に影響をあたえます。

毎日毎日のシャンプーですから、ぜひ、「お気に入りの1本を見つけて欲しい!」と願います。

まずは「泡立ち」が重要です

泡が立たないと気持ち良くないですもんね。

そしてその泡で頭皮を洗うので、頭皮に届く適度な弾力の泡が立つのが理想です。

そして香りも薄めのモノが信用しやすいでしょう。

シャンプーにたくさんのコンディショニング成分が入っていると頭皮の

「べたつき」「におい」「かゆみ」の原因になります。(背中にきびも!)

コンディショニング成分の多くは原料のにおいが強い為(しかも嫌なにおい)

これを隠すのに香料を多くいれるんですね。

シャンプーは洗うモノなのであまり余計なコンディショニング成分を

入れ過ぎていないものがおすすめです。

とても重要な「洗浄力」

洗浄力が強いシャンプーは頭皮を傷めます。

髪の毛で覆われているだけで頭皮も大事なお肌ですから

お顔と同じように優しく丁寧に扱ってあげましょう

洗浄力チェックは手でするべし!

洗った後に手が乾燥するものや、傷口にしみる、こんなシャンプーは洗浄力強しです

洗浄力の強さチェックはなんと「手」を洗えばわかるんですねー。

毛じゃなくて手ですよ

目で見える、触ってわかる「手」でチェックがおすすめです。

お試しあれ! 

おすすめ頭皮ケアシャンプーがまとめてあります。

http://www.scalreshamp.net/

シャンプーpop.jpg

 


パーマで大切な3つのこだわり シンプルアイディアのパーマ

Simple ideaのパーマ

シンプルアイディアのパーマデザインは、お客様の多種多様な髪質に合わせてダメージを極力少なく、そしてお客様のなりたいが叶えられるよう日々工夫をしております。 

3つのこだわり

パーマに大切なことは、大きく分けて3つあります。

シンプルアイディアで大切にしているつのこだわりをご紹介させて頂きます。

1、カット

パーマは髪の毛の形を変えて、時には大きくイメージを変えたり、

時にはお悩みを改善することが出来る技術です。

髪の毛の形を変えるパーマ、当然これにはたくさんの経験と知識が必要になりますが、中でも仕上がりのデザインを決めるカットがとても重要になります。

どの位置からカールを出すか、どれくらいのボリューム感にするか、髪と髪の重なり具合など、カットの時点で次にかけるパーマについて計算するし施術を行います。 

2、薬剤選定

日々進化する技術とともに負けじと進化し続けているのが薬剤です。

たくさんのメーカーがあり、それぞれいろんな髪質に対応出来るようこだわりのパーマ液を用意している現代、はシンプルアイディアではとにかくサンプリングをしながら検証し、取り扱うパーマ液を厳選します。

選びぬいた十数種類のパーマ駅から一人一人違う髪質を持つお客様に対して最適なものを調合し、最適な施術を行います。 

3、ホームケア

パーマの後は髪の毛の状態が少し不安定になります。

施術後のアフタートリートメントなどでケアはさせていただきますが、次の日以降はお客様ご自身に行ってもらうことになります。

シンプルアイディアでは次の日以降のケアもストレス無く行ってもらえるようホームケア製品のご紹介もさせて頂いております。

毎日のシャンプー、トリートメント、スタイリング剤など、シンプルアイディアでは、パーマ後の状態に合わせたホームケア製品をご用意し、快適にパーマを楽しんで頂けるよう努めております。 

パーマの魅力 

現在、美容業会全体で見ると、パーマをするお客様は減っている傾向にあるようです。以前はパーマ屋さんと言われるほどパーマが当たり前でした。

この背景には、美容室でヘアセットを行う、その際にブローでボリュームを出しやすくするというような事があったからだと思います。

しかし現在は毎日シャンプーすることが当たり前になり、自宅で自分でスタイリングをする方が多くなり、さらにカラーとの同時施術をさけるなどの理由も合わせて、パーマ離れが進んでいたのかなと思います。


でも実は、現在もスタイリングが楽になるという事においもパーマはとても魅力的な技術なんです!以前に比べてダメージもかなり抑えることが出来る為、カラーとの同時施術も問題ございません。

何よりパーマスタイルはとっても可愛いですよね!

女性らしく柔らかさも出ます!

髪の毛に動きを付けること事で一人一人の顔の形に合わせたスタイルがつくれたり、ボリュームなどのお悩み改善にもなり、良い所ばかりです!

 こんなに魅力的なパーマ。

もっと多くのお客様に伝えて参りたいと思います。

それが私たちの責任です。

パーマpop3.jpg

シンプルアイディアには、毎日を楽にするパーマがあります。



ドライヤーにかかる時間は、髪の健康のバロメータ!

髪が元気になるトリートメントで、毎日のスタイリングが楽になる!

毎日のお風呂あがりや朝のセット、「なかなか髪の毛が乾かない!」

なんてことはありませんか? 

それは髪のダメージが影響しているかもしれません。

健康な髪は疎水性と言って水を弾いてくれます。

その為、お風呂上がりの髪が濡れた状態でもタオルドライをしてドライヤーを使えば

意外とすぐに乾くはずです。

ところが、ダメージを受けた髪の毛は、キューティクルが剥がれ親水性という水となじみやすい性質に変わってしまします。

そのため、髪の毛は水をなかなか離そうとせず、一生懸命ドライヤーをかけてもなかなか乾かないという状態になってしまうんです。

トリートメントで髪を疎水化

そこで、Simple idea では、ダメージを受けた髪を内側と外側からしっかり修復することによって、健康な髪の状態"疎水性"へと導くトリートメントをオススメしています。

パーフェクトトリートメント

Simple idea では髪の毛内部に水分、油分、タンパク質をつめこんで、外側から包み込んで髪を疎水化する集中トリートメントをご提案しております。 

髪を健康にして、毎日のドライヤー時間を短縮しませんか?

詳細はスタッフまで! 

Simple ideaのらくらくスタイリングで毎日が楽しくなる!!


トリートメントpop.jpg

頭皮ケアするシャンプーの仕方でスタイリングが楽になる

スタイリングが楽になるシャンプー方法 意識したい3つのこと!

 美容室で仕上げた時みたいにふんわり可愛くならない...

ボリュームを出したいけど、すぐにペタンコになっちゃう...


こんなお悩みをお持ちの方必見です!

 簡単で毎日出来る頭皮ケアであなたのお悩みを解消しましょう。


頭皮をほぐして髪"ふんわり"

 頭皮ケアの基本はシャンプーです。

シャンプーの仕方が頭皮の状態に大きく影響します。

そして頭皮を柔らかくすることで、毛穴も柔軟になり、髪の毛一本一本が自然にふんわりしてきます。

ここでは、柔らか頭皮を作るシャンプー方法についてご説明致します。

 シャンプーを見直すだけで毎日のお手入れが数段楽になります!


頭皮を柔らかくする、効果的なシャンプー方法

 

皆さんはシャンプーするとき、どんな事にきをつけていらっしゃいますか?

重要な項目を3つあげてみたいと思います。


1、頭皮を洗う

2、爪をたてない

3、もみほぐすように洗う


とにかく大事なのはこの3つです。

 

頭皮を洗う

シャンプーは頭皮を洗う意識で行いましょう。

しっかり泡立てて頭皮を洗うと泡は自然と髪の毛にも行き渡りますので、心配いりません。

髪の毛をこすり合わせるというのは髪を傷めてしまうので逆効果です。

 頭皮ケアシャンプー

爪を立てない

爪を立てて洗うシャンプーは頭皮を傷つけてしまいます。

かゆい時は爪を立てたくなる気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえて指の腹を使ってじっくり洗ってあげましょう。

ネイルなどをしていて爪が長い場合はマッサージャーがオススメです。

MUCOTAマッサージャー

哺乳瓶の口と同じ素材で出来た頭皮を傷つけずに気持ち良く洗える優れものですよ!

 

もみほぐすように洗う

頭皮をこするのではなくもみほぐすように洗うと頭皮はどんどん柔軟になっていきます。

出来るだけ上へ上へと引き上げる事を意識すると尚良いです。

頭皮は重力によって日々下へ下へと下がろうとしています。

頭皮が下へ下がっていくと、頭頂部はどんどん張り詰めていき、硬くなってしまい、頭皮が下がるとお顔を下がって来ます

これは当然、頭も顔も一枚の皮で繋がってますから。

フェイスケアにもなるので毎日続けてみましょう!


シャンプ-方法pop.jpg

 

頭皮ケアする正しいシャンプーの仕方でらくらくスタイリングまとめ

・頭皮を洗う

・爪を立てない

・もみほぐす

この3つをシャンプー時に意識していただくだけです!

これを毎日続けて頂ければ毎朝のスタイリングはかなり楽になるはずです!



<<前のページへ1234

このページのトップへ