美容室TOP > Hair care > 髪の悩み対策

Hair care 髪の悩み対策

どうして髪は痛むの?

髪のダメージはキューティクルの損傷から始まります。ブラッシングやカラーなどでキューティクルがはがれ、栄養分が流れ出し、内側の痛みへと進みます。髪はタンパク質でできていると説明しましたが、パーマやカラーに含まれるアルカリという成分は、タンパク質の結びつきを分解してしまいます。

それによってタンパク質が失われ、髪の保湿性がなくなり、放っておくとダメージにつながります。ダメージの種類を整理すると、様々な原因があり、毎日のシャンプー・髪を乾かす時のドライヤーの熱やブローの仕方といった日常のシーン。紫外線、プール、海など季節毎のレジャー・美容室でのカラーやパーマなど。


1

« 髪のメカニズム | メインページ

このページのトップへ